読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほるっふー

自宅のベランダに鳩が住み着いた話を5万人の前ですること。

Safariのお気に入りバーで >> の下に黒い棒が現れる。

Mac

Safariを全画面で使っているとお気に入りバーの右端省略記号の >> の下に黒い棒が現れる。
どうもリンクにハイライトされている時に発生するようだ。
色々試してみたが消すことはできなかった。
チカチカするので目障りだが実害はないので保留する。

 

f:id:blacksmithltw:20161202141430p:plain

1台の外付けHDDを繋ぎ変えずに2台のMacでTime Machineバックアップを作成する。

Mac

例えば、iMacMac bookを持っていると両方のTime Machineバックアップを取りたくなるが、バックアップを取る度にiMacからHDDを外してMac bookにつなぎ替えるのは面倒だ。

 

参考にしたのはこのページ。

Time Machine - Frequently Asked Questions 22. How do I set up Time Machine to a shared drive on another Mac?

 

HDDを接続しているMacの設定 (iMac)

『システム環境設定』から『共有』を選択。
『ファイル共有』を有効にし『共有フォルダ』にTimeMachineで使用する外付けHDDを追加。バックアップを全員に公開してしまわないよう、ユーザーでのアクセス権は慎重に設定してください。

f:id:blacksmithltw:20161109153611p:plain

『オプション...』を押してAFPのみを有効にします。SMBだとTime Machineで利用することができず、Mac同士ではSMB優先されます。

f:id:blacksmithltw:20161109153341p:plain

Time Machineバックアップを取るMacの設定(Mac book)

 バックアップを取りたいMacを同じLANに接続しTime Machine HDDを共有する。

f:id:blacksmithltw:20161109155324p:plain

すると、Time Machineの設定の利用可能なディスクに候補が現れ選択できるように。 

f:id:blacksmithltw:20161109154500p:plain

それまで外付けHDDで直接バックアップを取っていた場合、別のバックアップとして作成がはじまってしまう。空き容量が気になるなら重複分は削除しておこう。

 

(追記:2016/11/11)

/Volumes にHDDをマウントしたままバックアップを取り始めると無限ループに陥るのでTIme Machine設定の『オプション…』から『バックアップ対象から除外する項目』に追加してください。
『利用可能なディスク』として選択するときは共有でマウントされている必要がありますが、バックアップを取る際は外れていても構いません。

 

(追記:2016/11/14)

ネットワーク越しにバックアップを取った場合、[コンピュータ名].sparsebundle の名前で仮想ディスクが作られそこに保存されます。DiskImageMounter.appでマウントすればFinderで中身を見ることができます。

How Time Machine Works its Magic How Network Backups are Stored in Sparse Bundles

 

(追記:2017/01/06)

iMac側を再起動した時にHDDが自動マウントされなくなってしまった。抜き差しすればマウントされるが本末顛倒である。

Geant4のドライバにRotation control panelを利用できるようにする。

Geant4

先日の記事の続きです。

blacksmithltw.hatenablog.com

描画したジオメトリをくるくる回したいときいちいち

/vis/viewer/set/viewpointThetaPhi 70. 20.

のコマンドを打つのは面倒なのでコントロールパネルが使いたい

f:id:blacksmithltw:20161108181748p:plain

OpenGLStoredXmが必要になります。
Immediate/Stored は描画結果を瞬時に出すか/溜めてから出すかで、XはX11のこと、mは恐らくmodifiedだと思われます。
こちらも環境変数を設定しておく必要があり

export G4VIS_USE_OPENGLXM=1

をしてからmakeすれば利用できます。特に、

Idle> /vis/open OGLSXm

と書けば指定することができます。

Geant4で利用するVisualization Driverを追加する。

Geant4

Geant4のビジュアライゼーションにはOpenGL、DAWN、RayTracerなど様々なものが利用できる。

8.3. The Visualization Drivers

多くのサイトでこのビジュアライゼーションを利用したければ

Idle> /vis/open OGL

とせよと紹介されているのだがそもそもGeantを動かしたときの利用可能リストに載っていない事がある。

You have successfully registered the following graphics systems.

Current available graphics systems are:

  ASCIITree (ATree)

  DAWNFILE (DAWNFILE)

  G4HepRep (HepRepXML)

  G4HepRepFile (HepRepFile)

  RayTracer (RayTracer)

  VRML1FILE (VRML1FILE)

  VRML2FILE (VRML2FILE)

  gMocrenFile (gMocrenFile)

次のようになって欲しい

You have successfully registered the following graphics systems.

Current available graphics systems are:

  ASCIITree (ATree)

  DAWNFILE (DAWNFILE)

  G4HepRep (HepRepXML)

  G4HepRepFile (HepRepFile)

  OpenGLImmediateX (OGLI, OGLIX)

  OpenGLStoredX (OGL, OGLS, OGLSX)

  RayTracer (RayTracer)

  VRML1FILE (VRML1FILE)

  VRML2FILE (VRML2FILE)

  gMocrenFile (gMocrenFile)

 

これは環境変数が設定されていないのが原因で例えばOpenGLを加えたければ

export G4VIS_USE_OPENGLX=1

を任意の場所で設定してからmakeし直せば動作する。

続きを読む